住宅火災に備えた保険

住宅の火災保険に加入する

住宅の火災保険の選び方

火災保険に加入をすることによって、住宅に関する様々な経済的なリスクに対応できることはもちろんのこと、将来的なメンテナンスの際にも対応できることがメリットとして挙げられます。最近では、保険商品のコストの負担について悩みを抱えている消費者が少なくありませんが、特に火災などの被害を最小限に抑えるために、専門のアドバイザーから助言を受けることが良いでしょう。一般的に、住宅の性能を長期間にわたってキープするためには、高度な知識や経験が必要となることがありますが、時には購入先のメーカーのスタッフと話し合いをすることがコツです。

団信以外の住宅に関する保険

住宅の購入の際には、融資の条件として団信への加入が義務付けられていますが、自然災害の多い日本では地震や台風、火災に備えておく必要があります。火災保険は、火災だけで無く台風や豪雨、竜巻などに起因する災害に対してもしっかりと保障してくれますが、地震に起因する住宅の倒壊や地震に起因する津波による被害に対しての補償は全く無いが一般的です。地震保険は、補償金額に制限がある上に掛け金が割高なデメリットがあります。又、1年ごとの契約更新もしくは5年ごとの契約更新となり、長期契約が無いのもデメリットデメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright © 住宅の火災保険に加入する All rights reserved