リフォーム頼むなら

リフォーム会社相談なら

不動産売却でリフォームする場合

不動産売却をする時、築年数が経過していてそのままでは売れないような物件は、リフォームをしたほうがよいケースもあります。しかし、工事にかかった費用はそのまま物件の価格に上乗せできないことのほうが多いです。なぜなら、購入希望者の好みのリフォームになっているとは限らないからです。老巧化している物件は、そのままの状態で価格を下げて売却をして、工事は購入希望者に任せるという手もありますので、不動産会社とよく相談をして決めましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅の火災保険に加入する All rights reserved